着物を着る女性の印象

夏になると着物を着る女性が増えて来ます。特に花火大会などの行事がある時は、着て来る人が多いです。男性の立場から考えると、普段とは全く印象が違う姿を見れて嬉しいですし、なぜか綺麗に見えてしまいます。女性の立場から考えると、色々なデザインの物があるので、選んでいて楽しいですし、普段着ない物を着るので良いです。ただ、体のラインが出てしまうので、自分の体に自信が無い人は余り着たくないですし、帯の結び方がどうなっているのかが解らないので、着るのに時間が掛る欠点もあります。着物は高い印象がありますが、夏の季節になると安く販売されているので、お手頃です。また、着物を着ていると他の人からの視線が痛いくらいに向けられるので、最初は戸惑うかもしれませんが、だんだん見られていると言う快感に変わってくるので、面白いです。

成人式での初めての着物

私、成人式で初めて前撮りと式の時に着物を着ました。正直に言って着るのは1回でいいかなと感じました。肩がこる、しかも暑いし重いと感じました。何度も着るものじゃないと感じました。しかも自分が好みの着れなかったのは残念で写真が残っていて見ても後悔ばかりです。やっぱり着物は成人式でも自分が好みのデザインのものを着るのが、やっぱりいい記憶になっていいと感じました。気に入らないのを着ても気持ち的に損だなと感じ凹んでしまいました。よくご年配の方が夏でも暑い中、着物を着てる方をみると素敵できれいだなと感じますが暑くはないのか苦しくないのかと感じきになるのは私だけでしょうか。やっぱり若者にとってまだまだ敷居が高く、ご年配の方のほうが一番、お似合いになるんだと感じます。でも1度は着てみて、どういうものか知って素晴らしいものか感じてほしいです。

夏に向けての着物対策

だんだんと夏に近づき着物を着る季節になってきているのですが、どのようにして着こなすことが出来るのでしょうか。まず1つ目のイベントである花火大会では浴衣をきることが多いです。この浴衣はどのような人が似合うのかというと、体がすらりとしていてなおかつ胸が少し小さい方が似合うとされています。もともと浴衣などは体つきが細かったり、体つきがすらりとしている人が日本に多かったためこのような着付けとなっているので、そのような体型の人の方がとても似合います。また今の若者の中ではそのような物をきると言う習慣が少なくなってきているため、帯の結び方が分からないと言う人が多いです。その時は自分の祖母にきくとよいでしょう。昔はよく着物等は着られていたのでそのようなことに対しては自分の祖母などが詳しいはずです。ぜひ皆様もきてみてください。

当社では、着物を非常に豊富に取り揃えており、様々なシーンに合った着物をレンタルすることができるのが強みとなっています。 当社では、宅配便で着物のお預かりとご納品をいたしますし、電話・インターネットからご依頼できますので、サービス対象エリアは日本全国です。 他社との違いは、サイズが豊富な点と、実際に手にとって品質やお顔映りをご確認いただける下見サービスを提供していることです。 着物のことなら着物レンタル365に何なりとお問合せください。